たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2013年04月05日

日光アレルギーの症状

日光アレルギー、と聞くとピンと来ない人はいるかと思いますが、実は日光アレルギーは日常的に起こりうるものなのです。
花粉症と同じように、ある日突然、といったことがよくあるアレルギーです。

最初は、ただ赤く腫れたり湿疹が出たりするけど、原因がよくわからない…ということが多いです。
病院に行って診察を受けたら、ある日突然日光アレルギーであると言われる人もいます。

実は、アレルギーというものはある日突然なるものなのです。
日光アレルギーはⅠ型アレルギーとされ、花粉症も同じ仲間です。

いままでは何でもなかった春先のスギ花粉を毎年、または毎日少しずつ吸い込むことによって、花粉=アレルゲンに対抗して身体を守っていた『抗体』が一定量を超えてしまった時、それがアレルギー症状となって現れてくるというのが花粉症の仕組み。
それと同じ事が日光アレルギーでも起こります。

紫外線を浴び続けることにより、抗体が一定量を超えてしまったため、痒みや湿疹、肌の赤みなど様々な症状が出てしまいます。
予防法としては、やはり紫外線に当たりすぎないことがベストです。

根本的な解決が難しいのは、花粉症と同じです。
一度症状が出てしまったら、皮膚のケアをしっかりとし、真面目に向き合って行きましょう。  


  • Posted by turupin  at 09:29Comments(0)